最近のトラックバック

« イタリア旅行記 その1 | トップページ | イタリア旅行記 その3 »

イタリア旅行記 その2

旅行の日程も半分終えいよいよ5日目

5/30

フィレンツェ

Dscn0405s ミケランジェロ広場から見たフィレンツェの街
赤い屋根の街並みがとても印象的



Img_2780s ここのドゥオーモは白とピンク、緑の大理石でできていてとてもきれい
ここも屋根の方に登れるそうだが今回は眺めるのみ

フィレンツェでのお目当てその1
革製品

旦那が鞄をほしがっていたのでここで購入
お気に入りの物を見つけられてご機嫌に

その2
ウフイッツィ美術館

ここも警備が厳重
水も持ち込むことが禁止されている

ボッティチェリの「ビーナスの誕生」「春」
美術の教科書で見た絵が
目の前にあることのすごさ
絵の大きさにも驚き、感激しました
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロなどなど・・・
もっと時間がほしかったな
たしかいまダ・ヴィンチの「受胎告知」が上野の美術館にきているからそれも見に行かないとね

この後列車に乗ってナポリへ移動
ユーロスター なかなか快適な乗り心地
Img_2790s
5/31

ナポリ

今日はいよいよ青の洞窟のあるカプリ島へ
みんなで天気を心配していたが晴れてくれたのでホッとする
ナポリの港から高速艇で50分
私、あまり船って得意じゃない
カプリに着いた頃にはかなり酔ってしまった
このあとももっと小さな船で移動しなけりゃならない
大丈夫かと思いながら船を下りたら・・・
なんと!青の洞窟に入れないとのこと
なんで?と思ったら波が高いのといつもより潮位が高い
なので今日はダメらしい
聞くところによるとここ何日かイタリア天気が悪かったから
ずっと入れなかったようだ
天気が良くても波が高かったりするとダメらしい

なので島内の観光に変更
ここはもともとリゾート地
高台からの見晴らしもなかなか
Img_2797s青い海に白い家
エーゲ海みたい
Img_2806s海もこんなにきれい
青の洞窟はもっと青いのでしょうか・・・
見られないとよけいに見たくなる
どなたか洞窟の中に入った方います?
このころの私酔っていたことなんかすっかり忘れてたけど帰るにはまた船に乗るわけで・・・
でもなぜか帰りは酔わずにすみました

ナポリに戻った後はバスの中からの観光
ナポリはあまり治安がよくないようだ
バスの中からの撮影だったのであんまりいい写真はなし

そしてここからポンペイへ

ポンペイImg_2856s

バスを降りるといきなり広がるポンペイの風景
Dscn0524s

左の方がベスビオス山
広いところを歩いて観光
Dscn0548s

こんな風景がず~と続く
ここを埋め尽くした噴火のすごさを感じ、またここを発掘した人たちのすごさにも感心し、暑さにばてました

6/1 

ローマ

とうとう最後の目的地ローマ
ここも見所がいっぱい
まずはヴァチカン市国
Img_2876sカトリックの総本山
内部の装飾の派手さは今までで1番かも
Dscn0596s Dscn0616s   

壁も天井も見事な装飾で埋め尽くされていて
感動と言うよりあきれるほど

でもシスティーナ礼拝堂はもっと凄かった!
ミケランジェロの「最後の審判」
礼拝堂の壁一面に書かれたこの絵は
凄い迫力で圧倒されました
それに続く天井絵も凄い!!
写真だと平面に見えるけど
実際に見ると絵がこっちに迫ってくるように見える
「アダムの創造」なんて迫力満点
ずっと見上げていると頭がくらくらしてきます
来てよかった~!!とおもった瞬間でした

Dscn0629s ピエタ像
ガラス張りのむこうにあって近くで見られません
こんな彫刻があちこちに
Dscn0646s Dscn0656s 

サン・ピエトロ寺院のドームの天井
Dscn0642s ため息が出っぱなし

寺院の衛兵
Dscn0657s
容姿端麗が条件のひとつらしくハンサムな方々でした
写真で見たのとそっくりな格好してました
いつの間にか入国していつの間にか出国していたヴァチカン市国でした

真実の口
Dscn0687s もちろん手は無事でしたよ~
Img_2894s_1コロッセオ

トレビの泉
Dscn0699s もっと広いところにあるのかと思ったら結構狭いところにある
人が凄く多くてごった返していた
もちろん後ろ向きでコイン投げましたよ

このそばで食べたジェラート
モカとバナナ味
美味しかったよ!

「ローマの休日」で有名なスペイン広場
Img_2904s   

階段が人で埋め尽くされていて
ロマンチックのかけらもない
しかも生バンドの演奏がやたらとうるさい
いつもこんななのでしょうか?
1時間ほどの自由時間の後
カンツォーネを聴きながらの夕食
Dscn0715s古典的な物ばかりかと思ったらビートルズやなんと瀬戸の花嫁なんかも歌っていた
アコーディオンのおじさんがなかなかおもしろい人
楽しいひとときを過ごして
イタリアでの観光が終わりました

ながかったようであっという間に終わってしまったイタリアでの日々
青の洞窟は残念だったけどそれ以外はとてもすばらしく充実した旅でした
帰るのが惜しいようなそんな気になりました

帰りもまた直行便ではないので今度はドイツ経由
フランクフルトに向かいます
ここでは5時間ほどの時間があったので市内に出ることができました
ちょっとおまけのドイツ観光
同じヨーロッパなのにイタリアとドイツ街の雰囲気が全然違う
ドイツの方がすっきりとした感じ
中世の面影が色濃いイタリアとちがって
メルヘンチックな感じがします
Img_2928s Img_2931s

あら?ドイツもいいかも、なんて思ってしまいました
よし!この次はドイツだ!
っていつになることやら・・・

フランクフルトから夕方の便で成田へ

6/3

予定より1時間ほど遅れて成田に到着
日本語の文字にホッとしました
成田からはバスで自宅近くの駅へ
たくさんのネオンサインにあぁ日本に帰ってきたんだなぁと実感

自宅では瑠奈、沙羅、凜の大歓迎でしばらく玄関から動けませんでした
息子達がしっかり留守番していてくれたようで
ほんとありがたい
今回9日間も家を空けられたのは息子達のおかげ
ありがとうね!感謝してます!!

今回の旅行ほんとうに楽しかった
たくさんの名画を鑑賞しすばらしい建築物を見ることができて
いい経験をしました

ふだんあまり言葉にしたことなかったけど
この場を借りて我が旦那に一言・・・

私たちのために長いこと頑張ってくれて
どうもありがとう!
おかげさまで素敵な経験をすることができました
これからもよろしくね

私事ですみませんです・・・

文章が下手なため思いがうまく表現できず
読みづらい物になってしまいました
でもおつきあいくださってありがとうございました
このあと「その3」に続く予定

« イタリア旅行記 その1 | トップページ | イタリア旅行記 その3 »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

おおーーー! ステキ! 憧れのポンペイ!!
世界遺産満載なたびですね! 

写真みてるだけでも建築物のすごさが感じられます。
ミケランジェロすごい人だゎーー。
私もいつか生で見てみたいです!

いや~・・・ため息ばかりがでますね~(^^
どこもかも素敵!!!かなりの見ごたえでした♪
確か青の洞窟は、みつしさんが行かれてましたよ☆

1度も外国に行ったことがないので、すごく憧れます(^^
漠然と北欧がいいなぁなんて思ってたんですが、イタリア!いいですね~♪
日本人は多いんでしょうか??
次も楽しみにしています!

つばきんぐさんへ

あちらの建物はとにかくでかい!
クレーンなんかがないのにあんな物つくるんだから凄すぎですよね
上ばかり見ていたから首が疲れました

モカmamaさんへ

ほんとため息ばかりついてましたよ
イタリアは見所たくさん
是非行ってみてください
「百聞は一見にしかず」まさにその通りでした

日本人多いでしょうね
片言でも日本語しゃべる店員さんたくさん居ましたよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201948/15351233

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記 その2:

« イタリア旅行記 その1 | トップページ | イタリア旅行記 その3 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ